車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , エンジン , オルタネーター,H32A,スターターモーター,/セルモーター,RAPリビルトスターターモーター,純正品番MD325441用,ミニカ,www.hosakazu.com,RAP,/info/20210929-2,6890円,リビルト 車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , エンジン , オルタネーター,H32A,スターターモーター,/セルモーター,RAPリビルトスターターモーター,純正品番MD325441用,ミニカ,www.hosakazu.com,RAP,/info/20210929-2,6890円,リビルト RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ 純正品番MD325441用 セルモーター H32A 超安い 6890円 RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ H32A 純正品番MD325441用 /セルモーター 車用品・バイク用品 車用品 パーツ エンジン オルタネーター RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ 純正品番MD325441用 セルモーター H32A 超安い 6890円 RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ H32A 純正品番MD325441用 /セルモーター 車用品・バイク用品 車用品 パーツ エンジン オルタネーター

RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ 純正品番MD325441用 セルモーター H32A 超安い ショップ

RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ H32A 純正品番MD325441用 /セルモーター

6890円

RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ H32A 純正品番MD325441用 /セルモーター



RAP リビルトRAPリビルトスターターモーター ミニカ H32A 純正品番MD325441用 /セルモーター
管理番号:RSTM-MB3896

北海道・沖縄・離島以外は送料無料
保証期間:2年・40,000km
RAP アーネストのスターターモーターは全分解してオーバーホールするだけでなく、電流の流れを意識したリビルトを行っています。セル生産方式による確実な組み立て工程、及び検査工程を経て製品化されます。製品には最終検査で測定した出力結果を添付しています。
RAP品番
純正番号
参考品番
MBS007A
MD325441
対応車種(目安):三菱 ミニカ H32A
注意事項
●適合について
※掲載の対応車両は目安であり適応に種類がございます。

注:適応情報はメーカー情報を元に掲載しておりますが、掲載全ての車両に取付を保証するものでは御座いません。弊社にて適応判断を行いますので、ご購入前のお問合せ、もしくはご購入時に取付車両詳細を必ずお知らせ願います。お客様判断によるご購入での返品交換はお受けできかねますのでご了承ください。

※写真は代表的な製品を撮影したイメージ画像です。車種により、実際にお届けする形状とは異なる場合がございます。画像による対応車種の判断は行わないよう、ご注意ください。

●コア返却について
・こちらの商品はコア返却が絶対必要です。
製品お届け時に付属している返却用の送り状にて2週間以内にご返却願います。
コア返却が無い場合は、コア代として別途5720円を請求いたします。
また、外殻の破損や水没等、再生が不可能なコアが返却された場合も同様にコア代金の請求となります。
何卒ご理解ください。

●在庫について
製品の特性上、常に在庫が変動しており、希少性の高いものなどはお届けに時間を要するものがございます。
ご購入前にお問い合わせくださいますようお願い致します。

●返品交換について
製品の原因が明らかな場合のみ対応させていただきます。
まずは症状等をご連絡お願いします。
ただし、交換工賃及び諸経費等の保証はできかねます。

適応についてお客様判断にてご購入された場合や
取り付け不備により故障が発生した場合は対象外となります。
◎適合や在庫などご不明な点があれば、お気軽にお問合せ下さい。
その際に、車検証 の車台番号/型式指定番号/類別区分番号をお知らせ下さい。
現品番号や刻印等があればよりスムーズです。

RAP リビルト スターターモーター RAPリビルトスターターモーター ミニカ H32A 純正品番MD325441用 /セルモーター

2021年6月に理事長に就任いたしました山地憲治です。
RITEは1990年に設立され、昨年には設立30周年を迎えました。
この30年間で地球温暖化問題への取り組みは大きく展開してきました。
地球温暖化問題は今後大きな転換が想定されるエネルギー需給構造を踏まえて、SDGsにおける地球温暖化問題以外のゴール実現とのバランスを図りながら解決していく必要があります。脱炭素社会の実現は、環境技術のイノベーションだけでなく、デジタル技術を活用したソサエティ5.0のような社会イノベーションとの連携と合わせて展望が拓けると考えています。
イノベーションが拓くエネルギー・環境の新時代に向けて当機構も貢献してまいります。